キミが好き過ぎて困ります~♪

NEWSとテゴマスを全力で応援します!まっす~~らぶ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

舞台観劇に関して

今週更新のRINGにまっすーの舞台観劇の時のお願いが書かれています。

(本当は載せたいところだが、写すのがしんどいので載せません)


かいつまんで話せば、、、
舞台観劇にふさわしい服装で、落ち着いた雰囲気で見て欲しいとのことです。


増田さんがこうして書くのも珍しいので、今までの舞台での自分のファンの有り方に、何かしら気になりながらも言えなかった事とかあるんだろうなぁ・・・と心配も少ししましたが、他の皆さんほどには心配していません、笑。

逆に、もっともっと早くハッキリと言えば良かったのに・・・と。
よくぞ言った!!と思いました。
タレントから発信することって大事・・それでファンもよりよく改善されるのです。


言わないと解らない人もいる・・・
そう、これは嫌味ではなく、本当に知らない人もいるのです。。。


増田さんのファン、NEWSのファンは、とにかく会いたい一心で舞台も申し込みます。
何回か行かれた方なら、雰囲気は解るかと思いますが、はじめての方は、どんな雰囲気なのかも解らないままに参加します。。そして、コンサートのようなキャピキャピした格好をしてきて、恥ずかしい気持ちも味わいます。次からは普通の格好にしよう・・・と。

でも、雰囲気的に「自分の出で立ちは違うな」と思っても、友達も同じようにそうなら、「まぁこれでいいわ」ってなってしまう人もいるでしょう。他の皆がしないなら余計目立つからと、そういう行動に出る人もいるかも??
そう、オタは「みんなですれば怖くない!」のです。。

コンサートで、フリフリの衣装・頭にも何かしら付けて・・街で歩くのが違和感あっても、まさに「みんなですれば怖くない」のです。街ゆく人も「あ・・近くでコンサートがあるんだな」ぐらいに見るでしょう。

コンサートは、とにかく大勢のファンの中で目立つ服装にも身をつつみます。グッズもいっぱい付けます。それは目の前の増田さんも喜んでくれる事だし、いうなればお祭り・・楽しむものなので。

でも舞台は違います。「キャーキャー」声援は送りません。「私の方を振り向いてーー」と手も振りません。ただ、静かに演技を楽しむものなのです。「あ、、違うな」と思ったら、実行してほしいなぁと。


増田さん自身が、舞台主演4作目のこの時期に、こうしたファンへ向けてのメッセージをしてくれたのはなぜか?きっと色んな理由があるのでしょうね。今回の舞台の雰囲気がそうさせたのか、増田さん自身が、こうした自分の思いを発信しようと思った心境の変化があったのか・・・

とにかく、細かい事の取り決めなんてありませんので・・・
自分の行動言動すべてが、相応しいか他の人に迷惑になっていないか、色々考えてみたらいいのかなぁ・・・


「灰カナ」の初回公演で、、、
ベッドから出てきた増田さんが上半身ハダカ?になったんだったっけ??その時に「キャー」って声が出て、それ以降脱ぐことは無かったんです・・・。これ・・演出家さんの考えでハダカじゃなくなったのか、それとも増田さんの考えなのか・・・とずっとどっちなんだろう?って思って来ましたが、やっぱり増田さんが、声が出た事によって、自分で申し出たものなんだろうなぁって納得した思いです。


前にも書きましたが、私はやっぱり舞台向きではないですね。
というか、増田さんが出演するものに関しては、なかなか全体を見るという事ができにくかなぁ・・。ホント申し訳ないけど・・。好きな人が目の前にいたらやっぱり目が行ってしまいます。。でも増田さんはそうではなく全体を見て欲しいと思っています。でも、目が行っちゃう・・・(>_<)。。でも迷惑はかけないようには見ます。

もっともっと、全然思い入れの無い人の舞台を沢山見たらいいんだろうなぁ~~と。。何回かそういうのも過去に見ましたが、見終わった時にまったく知らなかった出演メンバーの中で、やはり一人二人印象に残っている人がいるんですね・・。増田さんの舞台でも、増田さんに興味の無かった人が、興味を持ってくれるようになればいいですね。そんな演技を期待します!


オペラグラスの件では、使ってはいけないという事を言いたいのではないと思いますよ。グローブ座のように使わなくても見れる所で増田さんをガン見するような非常識な事を避けて欲しいのではないでしょうか?

大阪の劇場はシアタードラマシティも、森ノ宮ピロティホールも、後ろの方は表情まったく見えませんし、顔の表情だけでなく、しぐさなども見えにくいです。私はメガネやコンタクトをしても0.9ぐらいなので、ぼやけています。だから、ここは表情を見たい!!って時は使います。
「オペラグラス」なので、その名の通りに観劇するためのものなので・・・
そこんとこ、臨機応変に・・って思いますよ、笑。

スポンサーサイト
[ 2014/09/05 19:16 ] まっすー | TB(0) | CM(4)
こんにちは!

灰カナ 初めてじゃに出演のお芝居を観に行った時の衝撃を思い出します。
湧き上がる歓声や喋る声に娘ちゃんとびっくりしました。でも これがじゃにの芝居なのか!と興味を持ったのでアンケートにも正直に書きました。びっくりしたけどこれはこれで独特の空間で面白いと。

他の役者さんやこの芝居を作っている人たちに失礼だなと思ったり これも織り込み済みで共演オッケーなのかと思ったり なかなかない経験に逆に楽しんでるのかもなって思ったり 初日だったから情報もなかったし。

ストフルの時は事前に時系列が逆なのでとまっすーが言っていたからか観客も集中していて私が行った時は騒ぐ人はいませんでした。今回も美しい言葉や時代特有の言い回しって言ってるからよく聞いてほしいってことかな。

贔屓の役者が出てきたら拍手したり歌舞伎のキメの時は声をかけたりも元々は客の歓声のようなものだし 小劇場系だと人気の役者が出てきたらきゃーきゃーいう常連さんがいてお約束のアドリブで答えたりするし
本当は必ずしもおとなしく観なくちゃならないってものでもないんです。面白ければ笑うし驚けば声が出ちゃうし。リアクションによって役者のノリも変わったり。カンパニーの傾向にもよるし。

だけど

大切なのは 客もその空間に存在してるんだってこと。

難しく考えることはなくてたとえば 開演前

開演のブザーがある場合 大抵2回なります。
1度目は始まりますよ お席にどうぞ。
2度目はいよいよ始まります お芝居を楽しむ準備をしてください。だと私は思っています。
これから目の前で起こる出来事を受け入れる体制になる時間。

ブザーなどなくて曲が流れている場合 私は疎いので曲が何かわからないことも多いのですが その後始まる芝居の雰囲気を壊すような曲が流れていることはあまりないです。オリジナルだったり既製のだったり 芝居のテーマに沿った歌詞だったり雰囲気が合ってたりタイトル縛りだったり好みだったり。間接的に演出の意図があったりすることが多い。
何れにしても、異空間にいざなうツールなので足を踏み入れたら耳を澄ませてみると面白いと思います。まっすーが出るからと言ってNEWSやテゴマスの曲がかかってることはないんじゃないかな?

緞帳とか青春の時のように紗幕が下りていて それが上がる(青春は落ちたかな?)と始まるぞとこちらも切り替えるきっかけがあるけど、グローブ座とか小さいハコは構造上無理だったりしてセットが最初からむき出しのことも多いですよね。明かりが落ちてたり当たってたりあえての演出のこともあります。席に早めについて眺めてこの後の設定が提示されているのかなって思いめぐらしてみるのも楽しいですよ。

そんなふうに開演前を過ごしてみたら自然と世界に入っていける気がします。まっすーがカンパニーの皆さんと作ってきたものがどんなものなのか受け取る気持ちの準備をしてみたらいかがでしょうか?


私が個人的に気になるのは、咳と荷物の音です。
劇場内って照明の熱もあるし乾燥してるし埃っぽいし、人間集中してるとつばを飲み込まないし口が開いてることもあります。だからちょうど佳境に入ってきた 大事な場面だというときに不意に咳が止まらなくなる経験ありますよね?
だから私は始まる前にハンカチやタオルを出しておくようにしてます。手で押さえるよりは静かにできるし、あわてて鞄を開けるファスナーの音も結構響きます。意識的に時々つばを飲み込んでみたりして少しでもほかの観客の集中を削ぐことを避けたいと思っています。
荷物も落としてしまったりするので背中に置いたり ビニール袋はちょっと動いたときにガサガサ音がしてしまうので 持ち込まないか バックの中に入れてしまうとか足がぶつからない様に座席の下に入れるようにするとかします。

長々なってしまってごめんなさい。
激戦の中チケットを手に入れて生でじっくり見れるんですものアガリますよ!
あくまでも個人的な考えです。芝居もライブです。要は一緒に盛り上がる準備はできてんのかーい!?ってことです。
ただ盛り上がり方はジャンプしたりきゃーきゃー騒いだりするのと違って どんなストーリーなのか作り手は何を伝えたいのかを受け取って一緒にその世界に生きるというやりかたです。映像と違い、同じ空間にいるんですもの。

自分にその力量がなかった…役者としての言葉ですね。ますます惚れます。
あー私 偉そうなこと言って…菜の花さんご承知のようにただの変態べろべろます担なのにね~!
 
[ 2014/09/06 16:37 ] [ 編集 ]
こんにちは。

今回の「今夜~」の舞台が、人生で初の観劇となりすごく楽しみに日々過ごしております。
初ですので、雰囲気は観劇=クラシックコンサートと同じ感じと受け止めておりましたが・・・。

増田さんの想い、そして菜の花さんのお話を参考に参加させていただきたいと思います。

ありがとうございました。
[ 2014/09/06 09:08 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/05 23:51 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/05 20:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。